「ボクシング・WBA世界ライトフライ級タイトルマッチ」(1日、エディオンアリーナ大阪)

 久田哲也(34)=ハラダ=が、スーパー王者の京口紘人(25)=ワタナベ=に敗れた。

 雑草が遅咲きの花を咲かせることはなかった。デビューから約16年。平成以降では最遅記録となるプロ46戦目の世界初挑戦となった久田だが壮絶な打撃戦の末、判定に散った。

 2回には隠し持っていた“切り札”右ストレートで京口を追い込んだ。互角に渡り合っていたが、分水嶺は9回に待っていた。王者の右2連発を被弾し痛恨のダウンを喫した。

 紆余曲折のボクシング人生を経て、たどり着いた世界戦の舞台だった。「負けたけど幸せな1日だった。一人でも僕の試合を見て感動してくれたらうれしい」。控室で声を震わせ、傷だらけの顔をタオルで覆った。

 大阪の夜に残した印象は鮮烈なものだった。「全部出し切った。9割くらいあきらめる気持ち。だけど分からない」。明言を避けたが、引退に傾いていることを示唆した。