<WWE:ロウ大会>◇9月30日(日本時間1日)◇アリゾナ州フェニックス・トーキング・スティック・リゾート・アリーナ

前ユニバーサル王者ブロック・レスナーが、レイ・ミステリオJr.と、その息子ドミニクを襲撃し、王座戦をぶち壊した。

リング上で「この試合はドミニクに捧げる」と発言し、ユニバーサル王座戦に挑もうとしたミステリオJr.の前に、代理人ポール・ヘイマンと登場。マイクの奪い合いを展開した挑戦者に対し、2発のF5を放ってマットにたたきつけた。さらに観客席にいたドミニクも捕まえてポストへ強打。さらに2人をスープレックスで投げ飛ばして暴れまわった。

ヘイマンに制止されても暴走するレスナーは、レフェリーやスタッフにも暴行を加えた上、自ら着用したTシャツを破り捨てて実力を周囲に示した。これでミステリオJr.の王者セス・ロリンズ挑戦は中止となった。バックステージで、インタビューに答えたヘイマンはレスナーの暴行でドミニクが病院送りとなったことを謝罪した。

現時点でペナルティはなく、4日のスマックダウン大会で組まれた挑戦者レスナーVS王者コフィ・キングストンのWWEヘビー級王座戦は予定通り、開催予定。ヘイマンは「レスナーが新しいWWEヘビー級王者になる」と自信をみせた。