米プロバスケットボールNBAのワシントン・ウィザーズに所属する八村塁選手が9月30日、トレーニングキャンプ入りを前に、ワシントンで記者会見を開いた。八村選手は「とにかくチームを助けたい」と抱負を語った。

 八村選手は会見で、ウィザーズの主力選手との練習について、「僕が小さい時からテレビで見てきたスーパースター選手と一緒にプレーしていることは、すごい夢みたいに感じている。いろいろと学べるところがあるので毎日が楽しい」と語った。

 とくに、チームのエース、ブラッドリー・ビール選手については「チームをまとめる役をしている。僕もそういう選手になりたいと思っているので、最初のチームにそういう選手がいることはとても大きい。一つ一つのしぐさや行動を見て学んでいきたい」と語った。