プロスケーターの織田信成氏(32)が30日までにブログを更新し、9日に関大アイススケート部監督を退任したことについて「多忙」を理由と報道されたことを否定し「リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった」などと記した。関大は30日、文書で「指導法をめぐって意見の相違があった」と説明。嫌がらせやモラハラ行為の有無は明記されていないながらも「これからもご本人や所属事務所と話し合いを続ける用意がある」とした。

 多くのトップ選手を輩出しスケート界発展のために尽力してきた関大と、その顔でもあった織田氏とが真っ向から対立した。織田氏は29日に自身のブログを更新。監督退任について「一部事実とは異なる報道がありましたので、自分の口から説明させて下さい」と思いをつづった。

 監督退任の理由は「多忙」ではなく「嫌がらせやモラハラ行為」と主張。その影響で今春ごろから体調を崩し、辞任するまでの3カ月間リンクに行けなくなったという。また「それに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったから」とも記した。

 30日に文書を発表した関大広報課によると、7月1日に大学、織田氏本人、所属事務所、弁護士同席の上で話し合いが行われたという。主な議題は指導方法に対する織田氏側からの要望。その後、大学側は織田氏の主張について複数の関係者にヒアリングを行ったが「総合的に見てその要望を受け入れることは妥当ではないと判断した」とした。

 一方、織田氏は関大から2カ月報告を待ったが進展はなかったとし「報告を待っている間も指導を待っている生徒がいるので、なんとかリンクに戻れる環境にしてくれないかお願いしましたが、実施されないまま、このままでは何も変わらないだろうと半ば諦めた気持ちで、監督の職を辞する決意を致しました」と記している。

 大学側は「話し合いを続ける用意がある」として、詳細な日程は未定ながらも誤解を解くべく話し合いの場を持ちたい意向だ。ただ織田氏はブログの最後「人前で笑う事が辛く感じる時期もありました」「13年間、お世話になった関西大学たかつきアイスアリーナを去る事は大きな決断でした」と苦渋の決断だったことも伝えている。深まった溝を埋めることはできるのか。