バトンを回したり投げたりしながら演技するバトントワリングで、今夏、フランスであった世界大会で県内から複数の金メダリストが誕生した。松尾安珠さん(16)=福岡市=と山田雪花さん(15)=同=、団体種目のゴールデンハーツバトンチーム(GHBT)だ。早くも次の国際大会に向けて練習を積んでいる。

 「福岡ファイヤーバードバトンチーム」に所属する松尾安珠さんは、今年8月にフランスであった世界大会「WBTFインターナショナルカップ」と「IBTFグランプリ大会」のそれぞれの女子ジュニア部門で金メダルを獲得した。

 昨年の世界大会ではミスが響いて5位だったが、今夏は両大会の決勝をミスなく乗り切った。「去年より緊張しなかった。お客さんとの距離が近くて楽しかった」と振り返る。