「スペイン2部リーグ、ウエスカ1-0ジローナ」(28日、ウエスカ)

 スペイン2部リーグ、ウエスカの日本代表FW岡崎慎司がスペイン初ゴールに喜びをあらわにした。地元一般紙ディアリオ・デル・アルト・アラゴンが伝えている。

 ジローナ戦での決勝点に岡崎は「得点したい気持ちがすごくあったからとても幸せ。2年ゴールがなく、ここへ来てからも仲間やファンがそれを待っていた。僕としては決めたかったけどゴールまでたどり着いていなかった。チームメイトやファンのことを思うと幸せ。良い試合になった」とコメントした。

 その上待ち望んでいたゴールは見ている者を驚かせるようなアクロバチックなものだったが「1点は1点」とも付け加えている。