シュヴァルグラン(牡7歳、栗東・友道)が年内で引退することが29日、明らかになった。英インターナショナルS・英G1・8着後、現在はノーザンファームしがらきに放牧中。

 ジャパンC(11月24日・東京)で復帰して、有馬記念(12月22日・中山)がラストランとなる。鞍上は未定。「丈夫でタフな馬。よく頑張ってくれました」と師。昨年末での引退を撤回し、現役を続行していた。