「毎日王冠・G2」(10月6日、東京)

 安田記念でアーモンドアイを撃破したインディチャンプが秋初戦を迎える。デビュー時から大きな期待をかけられていた素質馬が、着実に力をつけて待望のG1初制覇。全6勝は全てマイル以下だが、千八の距離も昨年の毎日杯でブラストワンピースの3着があり、問題はないだろう。2戦2勝の東京を含め、左回りは3戦全勝のパーフェクト。しっかりと実力を誇示して今後のG1戦線へ弾みをつける。

 安田記念2着のアエロリットも、依然トップクラスの力を維持している。年頭の米国遠征の疲労を感じさせず、夏場のリフレッシュでさらに充実。新コンビの津村が、持ち前の先行力を引き出して連覇を目指す。3歳勢ではダノンキングリーに注目が集まる。皐月賞3着、ダービー2着と春のクラシックでは、あと一歩栄冠に届かなかったが、能力の高さは疑いようがない。菊花賞には見向きもせず、古馬相手のマイル~中距離路線を選択。斤量差を生かして逆転のシーンを描く。

 札幌記念は5着だったペルシアンナイト。やはり2000メートルは微妙に長い印象。東京では未勝利だが1Fの距離短縮はプラスだろう。NHKマイルC制覇後は、なかなか結果を出せていないケイアイノーテックだが、それでもG1ホースの底力は侮れず、軽視は禁物だ。他では、ギベオンやモズアスコットなども上位争いに加わってくるだろう。