今年1月に引退した元横綱稀勢の里(33)=荒磯親方=の断髪式が29日、東京・国技館であり、力士や支援者ら約300人が大いちょうにはさみを入れた。

 ともに土俵をわかせたライバルの白鵬、鶴竜、元日馬富士ら新旧の横綱が出席。父の萩原貞彦さんがはさみを入れた際には、荒磯親方は目からこぼれる涙を何度もぬぐった。最後に師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が大たぶさを落とすと、観客から「キセノサトー」「ありがとう」と大きな声が飛んだ。

 まげに別れを告げた荒磯親方は、散髪をしながら「今日であの歓声は最後。あの声援に(現役の)最後まで助けられた」としみじみ。指導者としての目標を問われ「つまらない事もやり続けられる、忍耐強い力士を育てたい」と語った。

 弟弟子の大関高安 「まだ実感がわかないっすね。(はさみを入れる時には)だいぶ大いちょうが切られていたので、寂しい気持ちになった。まげはなくなりましたけど、また稽古をお願いすることもあると思う。今日は一緒に横綱土俵入りをして、すごくしびれた。武者震いがした。横綱になって、あの満員の国技館で土俵入りできたら、どれだけ幸せか。それを励みに、楽しみに、『いつか自分も』という気持ちが強くなった」