9月29日、京セラドーム大阪で行われたオリックスと福岡ソフトバンクの今季最終戦は、5対1でオリックスが勝利。今季限りで現役引退を表明している岸田護投手の引退試合を白星で飾った。

 オリックスは初回、3四死球で満塁とし、安達了一選手の適時内野安打、続く小田裕也選手が走者一掃の適時三塁打を放ち、4点を先取。福岡ソフトバンク先発の高橋礼投手からリードを得た。

 大きな援護を受けた山本由伸投手は、6回表に代打・福田秀平選手に9号ソロを浴びたが、失点はこの1点のみ。対する高橋礼投手も2回以降は立ち直り、追加点を許さない投球を披露。6回を終え4対1のオリックスリードで試合は終盤へ。

 オリックスは7回表を澤田圭佑投手、8回表を神戸文也投手がそれぞれ1イニングを無失点に抑える好リリーフでつなぐ。迎えた最終回は岸田護投手が登板、高田知季選手から空振り三振を奪い、大歓声に包まれてマウンドを降りた。1死からはディクソン投手が締め、試合終了。7回にも押し出し死球で1点を追加したオリックスが5対1で勝利した。

 勝利したオリックスは、先発の山本投手が6回1失点の投球で自身初の規定投球回に到達。初のタイトル「最優秀防御率」に輝いた。敗れた福岡ソフトバンクは、先発した高橋礼投手が6回5安打4失点で6敗目を喫するも、規定投球回に到達。打線は福田秀平選手の一発で挙げた1点のみと活気なく、今季最終戦を落とした。