<アメリカンフットボール関西学生リーグ:関大40-14龍谷大>◇29日◇第4節最終日◇王子スタジアム

関大が大量得点で圧勝し、3勝1敗とした。

第3クオーター(Q)では、RB笠田護(3年)がランプレーで2TDを決め33ー7と一気に突き放した。「走るべきコースをミスったが、TDを取ったことに関してはうれしい。リーグ戦で2TD取ったのは初めて」とほおが緩んだ。

大量得点にも中村敏英ヘッドコーチ(46)は「試合の入りに苦しんだ。OLの安定、QBがまだまだ。大量得点が好材料だったとは思わない」と納得はしていない。次戦10月12日は前年リーグ2位の立命大。「得意なことを相手の弱いところに当てられるか」とポイントを挙げ、「(試合までに)選手らに自信をつけさせたい」と気持ち込めた。