「スプリンターズS・G1」(29日、中山)

 2番人気のタワーオブロンドン(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)が差し切って、G1初制覇を成し遂げた。道中は好スタートから控えて中団後方を追走。直線は外を鋭く伸びて逃げるモズスーパーフレアをかわした。鞍上のルメール騎手は「とてもうれしい。ゴールまで頑張ってくれた」とパートナーの頑張りをたたえた。

 スプリント路線に転向して4戦目。前走のセントウルSを制して、サマースプリント王に輝いた。勢いは止まらず一気に秋のスプリント王も手にした。

 2着には3番人気のモズスーパーフレア、3着には1番人気のダノンスマッシュが入った。