ラグビーワールドカップ日本大会の事前合宿を、高知市で開いたトンガ代表を応援しようと、同市南御座の蔦屋書店で28日、対アルゼンチン戦のパブリックビューイングがあった。約150人が2台の大型テレビの前で歓声を上げた。

 高知県などでつくる事前キャンプ受入委員会の主催。会場には「トンガレッド」の応援Tシャツやポロシャツを着たファンが集合。ココナツカレーなどのトンガ料理を販売する特設ブースもあった。

 試合は前半、世界ランキングで上位のアルゼンチンを相手にトンガは劣勢。一時は28点差を付けられた。それでも、終盤に意地を見せ、2度のトライを含む12得点を挙げた。

 最後まで声援を送った高知中央高校ラグビー部の山本大翔さん(3年)は「練習も見学して親近感のある選手たち。必死に応援した。次は勝利を見たい」と話した。(加藤秀彬)