4年目を迎えるプロバスケットボール・Bリーグ。大津市を本拠地とする1部の滋賀レイクスターズ(通称レイクス)は5日、アウェーで開幕戦を迎える。目標は、優秀な成績を収めた8チームが出場する「チャンピオンシップ(CS)」への初進出だ。(安藤仙一朗)

 レイクスは、Bリーグが始まった2016年から3季続けて負け越している。18チーム中、1季目は14位、2季目は13位。昨季も一時最下位に沈むなど苦しみ、終盤に持ち直したが18勝42敗で14位だった。15位以下は残留プレーオフが待ち構えており、常にギリギリで残留している。