スペイン2部リーグ、デポルティボの日本代表MF柴崎岳が、ガリシア州の地元一般紙ラ・ボス・デ・ガリシアのインタビューに応じ、街の印象や普段の生活ぶりなどについて語っている。

 街の印象について柴崎は「ア・コルーニャは海が近くにあって青森を思い出す」と親近感があるとし、食事についても「日本食が好きだけどスペインにも美味しいものがたくさんあって好き。特に青森は美味しい魚があることで有名だから、シーフードや魚は好き」と、故郷と共通する面があるとしている。また今年夏から一緒に生活している妻で女優の真野恵里菜と地元で散歩することもあると言う。

 チームメイトらとの関係については「以前チームメイトにバーベキューに招待してもらった時には楽しかった。ただピッチ外でチームメイトと特別な関係があるってことはない。食事の時間が違うことが大きいんだけど、フィジカルコンディションを維持するためにも生活のリズムを変えるつもりはない」とマイペース調整を貫くとしている。