2度目の暴行問題を起こし日本相撲協会から自主引退を促されている十両貴ノ富士(22)=千賀ノ浦=が27日、都内の文部科学省で代理人弁護士同席で会見を行った。付け人への暴行、暴言を謝罪する一方、自主引退の受け入れを拒否し現役続行を懇願した。

 日本相撲協会は、貴ノ富士の会見を受け、「理事会は貴ノ富士に自主引退を促しており、まだその正式な返答がありませんので、コメントすることはありません」と発表した。自主引退を拒否すれば、臨時理事会で最も重い「解雇」を含めた懲戒処分が決まる見通し。

 貴ノ富士の代理人は協会の反応を待つ姿勢だが、芝田山広報部長(元横綱大乃国)の認識とは食い違う。「(自主引退を)受け入れるのか、受け入れないのか、本人が言うべき」と先に貴ノ富士本人の回答を求めた。

 会見では協会が行う研修について「言葉で何回言っても伝わらない場合はどうしたらいいかは教えてもらっていない」と貴ノ富士が疑問を呈した。芝田山部長は「常識、非常識をわきまえてやらないと」と、あきれ顔だった。