付け人に暴力を振るったなどとして、日本相撲協会から「自主的な引退を促す」との決議を受けた西十両5枚目の貴ノ富士(22)=本名・上山剛、栃木県出身、千賀ノ浦部屋=が27日、文部科学省で記者会見し、「今回の処分はあまりに重く、受け入れられません」と訴えた。

 代理人の弁護士を同席させた記者会見で貴ノ富士は、「処分のもとになった暴行について反省しています。言葉で(付け人を)指導できず、手を出してしまいました。被害を受けた付け人の実家にうかがい謝罪したい」と頭を下げた。その上で、「きつい稽古に耐え、相撲道に一歩ずつ歩んできた。私には相撲しかありません。自らの身を戒め、土俵に戻って相撲道に精進したい」と述べた。代理人の弁護士も「(決議は)懲戒解雇を視野に入れた厳罰」と主張。今後、法的な手段を取る可能性があることも明かした。