フィギュアスケート男子で、2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(33)=関大KFSC=がアイスダンスに転向すると26日、日本スケート連盟を通じて発表した。12月の全日本選手権(国立代々木競技場)をシングルとして最後の競技会出場とし、18年平昌五輪アイスダンス代表の村元哉中(かな・26)=木下グループ=と来年1月からカップルを結成する。

 村元は自身のインスタグラムを更新し「まだ自分自身もびっくりしていますが、この夢のような報告を出来る日がやっときて本当に嬉しいです!」と思いをつづった。以前からアイスダンスに興味を持っていたという高橋に対し、1月に「平静を装って勇気を出して」アイスダンスの話をしたことがきっかけという。その後、アイスショーでの共演もあり、話し合いを重ねた上でカップル結成に至った。「2人のスケートに対する情熱で一緒に乗り越えていこうと思います」と決意を記した。