フィギュアスケート男子で、2010年バンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔(33)=関大KFSC=がアイスダンスに転向すると26日、日本スケート連盟を通じて発表した。12月の全日本選手権(国立代々木競技場)をシングルとして最後の競技会出場とし、18年平昌五輪アイスダンス代表の村元哉中(かな・26)=木下グループ=と来年1月からカップルを結成する。

 2020年から新しいジェットコースターへ乗り継ぎます-。

 自らの公式サイトにつづった言葉の通り、高橋は周囲が想像もしないような方へと歩み出す。次なる挑戦は、日本では決してメジャーとは言えないアイスダンス。シングル選手としては12月の全日本選手権を区切りとし、来年1月から練習拠点を米国へ移す。ヘッドコーチはマリーナ・ズエワ氏。来季はアイスダンサーとして競技会に臨むことになる。

 村元とは今年7月に行われたアイスショー「氷艶2019-月光かりの如く-」で共演。村元をはじめ、シングルからアイスダンスに転向する選手は多いが、五輪メダリストとなると転向は異例だ。

 高橋は日本スケート連盟を通じ「2020年から村元哉中選手とカップルを組み競技会に向けて新しい挑戦が始まります。更なる高みを目指し頑張ります。まずは全日本選手権での男子シングルの最後の演技に向けベストを目指していきます」とコメントした。

 自身の公式サイトで高橋は22年北京五輪についても言及。「まだまだそこまで考える余裕はなく、体も作らなくてはいけませんし、やることがいっぱい過ぎて既に足がプルプル言ってます(笑)」としたが「これから始まる挑戦の先にある景色が村元選手と一緒に、そして皆さんと一緒に見られるのであれば、それは素敵ですよね!」と前向きに記した。