アーモンドアイ(牝4歳、美浦・国枝)が26日、放牧先の福島県・ノーザンファーム天栄から美浦トレセンに帰厩した。

 入念に馬体をチェックした国枝師は「まずは無事に帰ってきて良かった。いい意味で枯れてきて、大人になった感じ」と充実期に入ったことを強調。天皇賞・秋(10月27日・東京)へ向けて27日から早速馬場入りする予定で、スタート直後の不利で3着に敗れた安田記念の借りを返して、改めて国内最強を示すつもりだ。