「スプリンターズS・G1」(29日、中山)

 タワーオブロンドンは25日、美浦Wで軽快な動きを見せた。サマースプリント王者が勢いそのままに頂点を狙う。

 初秋の柔らかな朝日を全身に受けながら、タワーオブロンドンが軽やかに駆けてくる。目下の充実ぶりを物語るように、新装された美浦Wを気持ち良さそうに流し、5F69秒1-39秒5-12秒8をマーク。手綱を取った北村宏(レースはルメール)の手綱はピクリとも動かなかった。

 引き上げてきた鞍上は「単走でも集中して走っていたし、いい状態だと感じました。自分でやるべきことが分かっているようですね」と振り返り、中2週で臨む大一番を前に状態の良さを伝えた。

 千四、マイル重賞で3勝の実績馬が、3走前から6F戦へ転身。G3で3、2着と惜敗したが、中1週で臨んだ前走のセントウルSを快勝。コースレコードのおまけを付ける強さで結果を出した。「とても強い競馬だったし、驚いている。(スプリント戦)3回目で上手に走ってくれたね」と藤沢和師の表情も晴れやかだ。

 コンビを組むルメールは、2歳時からこの距離を提案していたと言う。「言う通りになっちゃうなあ、悔しいなあ」とトレーナーは笑顔でジョークを飛ばすが、「中山は難しいコースだが、今回は同じ斤量で走れるからね。上手に立ち回ってくれたら差はないんじゃないかな」と本番を楽しみにする。

 「素晴らしい馬だった」と懐かしむ97年タイキシャトル以来のVへ。サマースプリント王者の行く手は明るい。