大相撲秋場所を終えた宮崎県延岡市出身の前頭7枚目、琴恵光(ことえこう)関=佐渡ケ嶽部屋=が25日、宮崎市で開かれた交通安全の催しに出席した。「交通安全広報特使」に任命され、チラシや反射材を配布。配布後も握手を求めるファンに「交通安全をお願いします」と呼びかけた。

 催しには、不死鳥と県の木の「フェニックス」がそれぞれデザインされた青い着流し姿で登場。「力士が稽古を積み重ねるのと同じように、交通事故ゼロを実現するには交通安全に向けた取り組みを地道に続けることが必要です」と交通安全宣言をした。

 イベント後、7勝8敗で負け越した秋場所を振り返り、「自分らしい相撲が多く取れ、落ち込む必要はないと思う」。11月の九州場所に向けては「日頃からのご声援に土俵上で恩返ししたい」と意気込んだ。(高橋健人)