レスリングの世界選手権男子フリースタイル65キロ級で5位に終わった、18年世界王者の乙黒拓斗(20)=山梨学院大=が25日、カザフスタンから成田空港に帰国した。

 東京五輪代表内定の条件だったメダルは逃したものの、敗戦のショックを乗り越えて5位に入り五輪出場枠は獲得。「トーナメントが厳しい中、負けから気持ちを切り替えて、最低限世界の6番(上位6人=5位)以内に入ることはできた」と傷心から前を向いた。

 今大会の五輪出場枠獲得者は、12月の全日本選手権で優勝すればそのまま五輪代表に決まり、敗れた場合は優勝者とプレーオフで争うことになる。

 18年世界選手権で日本史上最年少王者に輝いたホープは「もう次の勝負は始まっている。気持ちを切り替えて、自分が取ってきた出場枠を自分の物にできるようにしたい」と力を込めた。