ボクシングWBA世界ライトフライ級スーパー王者の京口紘人(25=ワタナベ)が24日、久田哲也(34=ハラダ)との2度目の防衛戦(10月1日、エディオンアリーナ大阪)に向けて都内の所属ジムで最後のスパーリングを行った。

同級の日体大生相手に1回から強烈なワンツーがさく裂。3回の予定だったが、一方的な展開で相手の鼻血も止まらず2回2分20秒でストップがかかった。2日前には11月にWBSS決勝を控える井上尚弥と会食。互いの試合後の海外旅行を約束した。

京口は「調子はいい。ばっちし勝って大阪のファンにアピールしたい」と自信満々。25日に大阪に移動し、現地で最終調整する。