新体操の日本代表が24日、世界選手権を終えバクーから成田空港に帰国した。総合で44年ぶりの銀メダルや、種目別で初の金メダルなど、団体で計三つのメダルを獲得。主将の杉本早裕吏(23)=トヨタ自動車=は「実感が湧いてない。今、首にかけてやっとメダルを取った感じ」と快挙をかみしめた。

 精神面でも成長し、チームを支える存在となった。7月に「メンバーへの厳しさが足りない」と主将を外されかなり落ち込んだというが、「私が落ちても引いても駄目」と気持ちを立て直した。1週間ほどで主将に復帰すると、責任感でチームを引っ張った。

 今大会は強豪国にミスもあってのメダル獲得。「東京五輪に向けてさらに強くなる」と闘志を燃やした。