<WWE:ロウ大会>◇23日(日本時間24日)◇カリフォルニア州サンフランシスコ・チェイス・センター

WWEインターコンチネンタル王者中邑真輔のユニバーサル王座挑戦権獲得はならなかった。スマックダウン所属の中邑はロウ初戦として5人形式の同王座挑戦者決定戦に出場。ハイテンションのスポークスマン、サミ・ゼインとともに登場し、US王者AJスタイルズ、リコシェ、レイ・ミステリオJr.、ロバート・ルードと対戦した。

試合は5選手が入り乱れた激しい攻防を展開。中邑がAJスタイルズをバリケードにたたきつけると顔面に強烈なヒザを打ち込んだ。リコシェには不意打ちのキンシャサを放って最初に脱落へと追い込んだ。勢いに乗った中邑はルードにもキンシャサを繰り出したものの、決定打にならず。AJスタイルズのフェノメナル・フォアアームを浴び、2番目の脱落者となってしまった。

なお試合はミステリオJr.が躍動。AJスタイルズもグローリアスDDTで脱落させルードを619で追い詰め、最後はスプリングボード・フロッグスプラッシュで3カウントを奪ってみせた。これで30日のロウ大会で、ユニバーサル王者セス・ロリンズに挑戦することが決まった。