新体操の日本代表選手が24日、世界選手権(アゼルバイジャン・バクー)を終え成田空港に帰国した。団体総合で1975年大会以来44年ぶりの銀メダルや、団体種目別で初の金メダルなど、計三つのメダルを獲得した日本団体。主将の杉本早裕吏(23)=トヨタ自動車=は「実感がわいてない。今、首にかけてやっとメダルを取ったという感じ」と快挙をかみ締めた。

 精神面でも成長し、チームを支える存在となった。7月に「メンバーへの厳しさが足りない」と主将を下ろされ、「本当にショックで言葉が出ませんでした」。かなり落ち込んだが、チームの悪い流れも感じており「私が落ちても駄目だし引いても駄目」と気持ちを立て直した。1週間程で主将に復帰すると、責任感でチームを引っ張った。

 山崎浩子強化部長も「団体は予想以上の結果。杉本の成長が大きい」と目を細める。今大会は強豪国のミスもあってのメダル獲得で「全チームがしっかりやった時にはメダル圏内にいない」と分析するが、杉本は「東京五輪にむけてさらに強くなる」と闘志を燃やす。残り1年、さらなる高みを目指す。