22日にNHK総合テレビで放送された「大相撲秋場所千秋楽」(後5・0)が、関東地区の世帯平均で20・6%の視聴率をマークしたことが24日、分かった。関西地区では17・3%だった。

 関脇御嶽海が遠藤を下し、12勝3敗で並んだ関脇貴景勝を優勝決定戦で撃破。昨年名古屋場所以来2度目の優勝を果たした。白鵬、鶴竜の両横綱が途中休場した場所だったが、最後までもつれた優勝争いが注目を集めた。(数字はビデオリサーチ日報調べ)