大相撲秋場所で初優勝を目指した隠岐の海(34)=本名福岡歩、隠岐の島町出身、八角部屋=だったが、賜杯(しはい)には届かなかった。

 大関から陥落しながら今場所で復帰を決めた関脇貴景勝との3敗対決。コンマ1秒以下のミスだった。わずかに立ち遅れて後手に回り、貴景勝の出足を止められず、いいところなく押し出された。ぼうぜんと、東の花道を引き揚げた。

 隠岐の海は、「綱の系譜」を継いでいる。