<ブンデスリーガ:フランクフルト2-2ドルトムント>◇22日◇フランクフルト

MF長谷部誠、MF鎌田大地が所属するフランクフルトはホームでドルトムントと2-2で引き分けた。

長谷部は3バックの中央でフル出場。鎌田は後半22分から出場し、同点となるオウンゴールを誘発した。

鎌田の試合後の一問一答は次の通り。

-記録はオウンゴールみたいです

鎌田 オウンゴールなったって聞きました。まあ、チームとしては勝ち点1でも取れたので、そこは、すごく良かったかなと思います。

-試合をどう見ていたか

鎌田 前半1-1に追いついて、あまり前からいかず守備的に戦って、ドルトムントもすごくいいチームですし。うちとしては戦術がうまくはまって勝ち点を、取れたのかなと思います。

-1点を追う展開での出場だった

鎌田 1-2になる前から呼ばれていて、たまたま僕が出るタイミングで1-2になったので。最初はインサイドハーフで守備的にというか、ドミ(コール)が出ていたポジションでやるという形だったんですけど、1点失ってから、ボランチを代えて僕がトップ下みたいな形にはなりましたね。

-追いつこうとした

鎌田 そうですね、追いつかないと勝ち点は取れないし。チームとしては、そこから勢いよく、うまくいけたと思う。すごく間延びもしてましたし、試合として。僕自身チャンスは少なからずあったので、ああいうドリブルしたシーンだったり、ああいうのを今までは得点できていたのが、今はこう、あと最後の少しのところだと思うんですけど…。もう少し冷静にだったりすることで、ああいうところを得点に変えられると思うので、個人的にはものにしていかないとなと思います。

-相手のレベルも違う

鎌田 どうですかね、僕自身は、最後のところはレベルうんぬんではなくて自分の頭の中の問題だと思うので。相手という問題ではないかなと思います。

-同点となる前に2本シュートしたが、決められなかった。気持ち的には

鎌田 そういうのは、まったくないです。最後の部分には自信を持っているので、気持ち的にどうこう、という問題ではないと思います。

-同点になった時は

鎌田 素直にうれしかったですけど、2-2だったので。まだ3点目をチームとしては取りに行かないと、と思って。

-ああいう時、オウンゴールかな? どうかな? みたいなことは考えないのか

鎌田 試合中なのでそんなこと考えている暇は…。試合終わって、みんなからいじられましたけど。試合中はそういうことを考えている時間はないですよね。

-今日スタメン外れたことについては

鎌田 試合数もすごく多いし、ローテーションをするメンバーがそろってる中で、初めから今年の試合、全部スタメンで出られるとは思ってない。体力的にもそれは無理だと思う。ローテーションはいつかすると思っていたので、自分が出たときにどれだけできるかだと思う。今日、途中から出て悪かったら、また次出られないかもしれない。危機感持ちながら試合には毎試合出て。1試合ベンチになったから(気持ちが)どうにかなるとかはないです。

-チームとしても悪い流れを断ち切れる引き分けか

鎌田 しっかり、プラスにとらえていかないとダメだと思う。負けが続いていた中で、今週はアーセナルだったり、いいチームとの試合の連戦で2連敗してたので、勝ち点1取れたのはプラス。次のウニオン戦でしっかり勝ち点3を取れたら、今回の勝ち点1はすごく大きいものになると思う。次の試合がすごく大事になると思います。

-得点を取ったら自分の中で何かが変わると話していたが、この日のプレーをそうとらえて、やっていけそうか

鎌田 僕のゴールではなくなりましたけど、僕自身はゴールにすごい近づけていると思う。普通に、これからも続けていけば、ゴールを取れるんだなと思っているので。続けていけばいいかなと思います。(中野吉之伴通信員)