「新馬戦」(22日、中山)

 相当な大物だ。中山5Rで1番人気のアヌラーダプラ(牝2歳、父キングカメハメハ、母ポロンナルワ、美浦・萩原)は、好スタートから外めの5番手につけ、3角過ぎから馬なりで加速すると、直線も楽な手応えのままで抜け出した。

 三浦は「スピードがあり過ぎるくらいで心配していたけど、厩舎の方がうまく育ててくれて、コントロールできた。リズム良く走るし、何と言っても体の使い方が素晴らしい」と大絶賛だった。