「オールカマー・G2」(22日、中山)

 悠々と押し切った。スティッフェリオは好スタートから果敢にハナを奪うとマイペースに持ち込む。直線に入っても脚色は衰えず、後続に1馬身3/4差をつける快勝劇で、重賞3勝目を手にした。

 逃げ馬不在のメンバー構成。作戦は最初から決めていた。見事にエスコートした丸山は「この強いメンバー。どれだけ走れるかと思っていました」と声を弾ませた。先行有利の馬場を味方につけた好騎乗。音無師も「この馬を一番よく知っているし、任せていた。逃げ切りはちょっとあるかもと思っていたが、あんなに強いとは」と驚いた様子だった。

 次は権利を手にした天皇賞・秋だ。指揮官は「これで堂々と行けます」と胸を張れば、鞍上も「小回りで結果を出している馬。広いコースでも、いい競馬ができるように頑張りたい」と気合十分。弾みをつけて、G1獲りへ挑む。