「プロレス・新日本」(22日、神戸ワールド記念ホール)

 ジェイ・ホワイトが内藤哲也の初防衛を阻み、新王者となった。ラフ殺法で主導権を握り、優位に試合を展開。終盤は互いの必殺技を切り返し合う激闘に発展したが、最後は内藤のバレンティアをブレードランナーで切り返して葬った。

 試合後は内藤の決めゼリフをまねて勝ち誇ったホワイト。そこに、この日、鷹木信悟を破った後藤洋央紀が現れた。「来るな!お前は挑戦者じゃないぞ」と拒絶するも蹴散らされてしまった。

 リングを占拠した後藤は「他の誰でもない。このオレが2冠になってやる」と、内藤、ホワイト、飯伏幸太が狙う史上初のヘビー級とインターコンチネンタルのIWGP2大王座同時保持に名乗りを上げた。