「ボクシング・日本スーパーバンタム級タイトルマッチ」(21日、後楽園ホール)

 王者の久我勇作(ワタナベ)が1回TKO勝ちで初防衛に成功した。ジャブをもらう場面もあったが、右ストレートからの左でダウン、さらに強烈な右フックで2度目のダウンを奪うと即座にストップとなった。

 圧勝にも「ジャブも見えづらくて、長引いたら苦戦すると思いました」と久我。返り咲き王者は「前回も2度目の防衛戦で1ラウンドKOして、その後にこけたので、ここは慎重に」と気持ちを引き締めた。海外の層が厚く、日本の強豪も多い階級。今後は「海外とか、別の路線でいい話があればそっちでもいい」と目を輝かせた。