日本で始まったラグビーワールドカップ(W杯)で、佐賀は九州で唯一、試合会場や公認キャンプ地になっていない県だ。そんな佐賀市の中心部に、ラグビーファンが集うバーがある。

 そのたまり場は、同市中央本町の「キサックBANKO」。マスターの山内哲朗さん(71)がオープンしてから、もう40年ほどになる。

 山内さんが別の飲食店で働いていたとき、ビルのオーナーに「店をやらないか」と勧められ、1978年に開いた。当時はバンド活動をやっており、置いたのはビートルズのレコードなど。ラグビーに関するものは特に無かったという。