菜七子が2週連続Vを決めた。21日の中山競馬2Rで、3番人気のグレイトホーンが好位から直線で末脚を伸ばして快勝。鞍上の藤田菜七子騎手(22)=美浦・根本康広厩舎所属=は、14日の中山競馬1Rに続き、2週連続の白星を飾った。今季29勝目、通算76勝目。

 菜七子は「思ったよりスタートは出ませんでしたが、あの位置で我慢してくれました。しまいは外からしっかり伸びてくれましたね。毎日、調教でも乗せてもらっていたので、勝てて良かったです」と自厩舎の馬での勝利に笑みをこぼす。師匠の根本師も「武豊クンの馬(ゴールデンエポック)の後ろから行けばいいよ、と指示をしたけど、うまく乗ってくれました。競馬も3回目だし、距離もちょうど良かったかな」と騎乗内容を高く評価。次走は京王杯2歳S(11月2日・東京)での重賞挑戦が有力だ。