レスリングの世界選手権男子グレコローマンスタイル60キロ級で金メダルを獲得した文田健一郎(23)=ミキハウス=が20日、開催国のカザフスタンから羽田空港着の航空機で帰国した。

 東京五輪代表に内定したが「休みを10日ぐらい取ろうと思っていたけど、東京で金メダルを取った後の方が、何をやるにしても後ろめたい気持ちがなくできる」と慢心はない。五輪後は白紙状態というほど金メダルをかけている東京。思い描くのは、頂点に立った後のご褒美としてギリシャにあるサントリーニ島を旅することだ。

 試合や遠征に追われ、プライベートで海外を旅行したことがない。猫好きの世界王者は「きれいだし、猫も多い。最高じゃん、って思う。大手を振って行きたい」と、エーゲ海を夢見ていた。