<レスリング:世界選手権>◇20日◇カザフスタン・ヌルスルタン◇女子ほか

女子62キロ級の川井友香子(22=至学館大)が敗者復活戦を2試合勝ち抜き、3位決定戦に歩を進めた。

日本時間午後9時からの試合で勝てば、東京五輪代表に内定し、先に内定を決めている女子57キロ級優勝の姉梨紗子(24)と悲願の姉妹での夢舞台が決まる。

敗者復活3回戦ではウクライナ選手に落ち着いた試合展開で隙を見せなかった。スタンドからは母初江さんと姉のアドバイスが飛び続ける中で、3-0で勝利を収めた。「とりあえず敗者復活戦を勝ち取ることができたので、とりあえず良かった。試合中もお母さんと梨紗子の顔が見れて、すごく力になりました」と述べた。

前日は3回戦で敗れて号泣した。負けた相手が決勝進出したことで九死に一生を得てのこの日。「またチャンスができたんだから、前を向かないとこんなチャンス二度とこない」と姉に諭されたという。「あと1つ絶対に勝ちたいです」と誓った。