今年8月から始まった自転車の新競技、バンクリーグ第3戦「広島ステージ」が9月23日、広島市の広島競輪場で開催される(13時開場、14時開始)。日本のトップクラスのロードレースチームが競輪場のバンクを舞台にチーム対抗戦を繰り広げるもので、地元のヴィクトワール広島も参戦。広島の一員としてアテネ五輪銀メダリストでもある自転車界のスーパースター、テオ・ボス(36)=オランダ=も特別出場する。

 参加6チーム(1チーム4人)が抽選で2グループに分かれ、各グループ内で総当たりの予選を実施。1位のチーム同士が決勝戦を行う。各レースとも最短7周、最長でも11周で決着する短期決戦のため、スタートからレース終了まで緊迫した勝負が続く。

 また、会場内にはBMX競技が体験できるパンプトラック無料試乗コーナーや参加6チームのチームカーを特別展示。屋台などの飲食コーナーもあるので家族で楽しめる。

 前売りチケットはCNプレイガイド、イープラスで発売中。大人1800円、子供900円(当日券は大人2000円、子供1000円)。問い合わせはバンクリーグ実行委員会(TEL03・5276・0201)まで。