<天皇杯:神戸3-2川崎F>◇4回戦◇18日◇神戸ユ

川崎フロンターレは0-3から怒濤(どとう)の追い上げで1点差まで迫ったが、最後は届かなかった。

鬼木達監督は「難しいゲームにしてしまった。トーナメントなので負けは一番悪い結果。勝ち上がれずに悔しいと思う」。

後半はシステムを変更し、攻撃を機能させてヴィッセル神戸を追い詰めたのは2年連続J1王者の意地だった。