かなた、22年半にわたる土俵人生をまっとうした40歳のベテラン力士、安美錦。先の7月名古屋場所を最後に引退を決意し、「安治川親方」として新しい相撲人生の第一歩を踏み出している。
 こなた、安美錦の大ファンだったという「ザ・クロマニヨンズ」の甲本ヒロト。現在は13枚目となるアルバム『PUNCH』(10月9日発売/アリオラジャパン)のリリースと10月下旬から始まる全国ツアーの準備で多忙を極める。
 かつて『Number PLUS 疾風!大相撲』(2017年4月号)にて初顔合わせをしたふたりだったが、引退後に再会し、全3回のスペシャル記事としてNumberWeb上にて結実! それは互いの熱い思いを語り尽くした“大一番”となった。

――安美錦関が、先の7月名古屋場所12日目に引退会見をされました。まず、甲本さんが引退を知ったのは、どんな形だったのでしょう。

甲本「最初はテレビで……。あのぉ、ファンなんですよ(しみじみと)」

安治川「うははは、ありがとうございます!」

甲本「先場所、引退なさるとのニュースが流れた時は、ものすごいショックだったんですよね。ショックだったんだけど、『よほど考えられたんだろうなあ』というのがわかるから。『やりきったんだろうなあ』ということは、もうファンとしては納得せにゃいかんな、と」

安治川「はい、ありがとうございます」

甲本「喪失感はありました。『ああ、明日から俺、どうしよう』って」

安治川「そんなにだったんですか。申し訳ないです(笑)」

甲本「引退会見では、『もう一番取ってからの引退でもいいんじゃないか』という師匠の提案を退けて、『もういつ辞めてもいいようにやって来たから』との親方の一言が、すべてでした。素晴らしい!」

――2日目、新十両の対竜虎戦で古傷をケガし、車いすで運ばれての休場でした。「再出場の可能性も」と言われていましたが。

甲本「その時は、また戻って来ると思っていましたよ。だから、結局引退発表なさった時は、『本当に無理なんだなぁ』と思った。正直な話、本当に悔いはないですか?」

安治川「ないですね。悔いを残さないようにと、師匠も『もう1回土俵に上がってみないか』と言ってくれたんです。『思いを引きずってしまうと、辞めてからの次の人生に影響があるから』と。それで引退を師匠に申し出てから、一晩考える時間をもらいました。それでも、翌日もまったく考えは変わらなかったので『もういいかな』と思えたんです」

甲本「かっこいいです……」

安治川「2日目にケガした直後は、『何日目かで戻ろうかな?』と考えて、『アイシングして、この治療してあの治療して、中日までには出られるかな?』と計算もしていたんですけど、なかなか思ったように体が戻ってこない。それとともに、気合いがなくなったという言い方は変なんですけど――やる気はあるんですけど、尻込みしちゃうというか……。『ああ、終わりはこういうふうに来るのかな』と、そんな感じでした」

甲本「そうでしたか。見習いますよ!」

安治川「いえいえ!(笑)」

甲本「僕も辞める時は突然に辞めようかと」

甲本「よくあるじゃないですか、ロックバンドで解散宣言をしてから、解散イベントいっぱいやってるの。解散アルバムを出したりとかね」

安治川「そうですね(笑)。それもファンにとっては有り難いのかもしれませんが」

甲本「僕らの世界と照らし合わせた時に、『もう明日からやらない!』と決められるくらい悔いのない日々の活動って、素晴らしいなって思ったんですね。……うん、僕も辞める時は突然に辞めようかと」

安治川「うわぁ、困ります、それはみんな困ります。たくさん引退公演していただいてから、引退アルバムも出していただいてからでお願いしますよ(笑)」

甲本「親方の引退の形は理想的でしたよ」

安治川「名古屋場所が終わった後に、出身地の青森での巡業があったんですね。引退届を出さなければ、まだ関取の立場で巡業に行けたんですけど、まあ、そんな気持ちもあまりなくて……」

甲本「そういう関取は今までいたんですか?」

安治川「同じ青森県出身の若の里関(現西岩親方)が、僕とちょうど同じ状態だったんです。名古屋場所で番付が幕下に陥落する成績で、でも届は出さずに関取のままで、『最後に地元の方に恩返ししたい』と、その後の夏巡業に出ていました。そういう形でもできたんですが、次に十両に上がる若い力士たちの番付編成にも影響があるだろうし――との僕なりの思いもありまして」

甲本「最後までカッコよかったです」

――引退によって、十両の枠がひとつ空く。引退場所前にも親方がわざわざ稽古をつけにいったという、同じ一門の魁勝(浅香山部屋)が、新十両に昇進しましたね。

安治川「彼が今場所で上がったのは、たまたまなんですよ。成績としては他にも上がる可能性がある力士もいましたし。もしうちの部屋の若い衆が上がりそうだったら、もっとね、『よし、さっさと辞めてやろう!』という気持ちになったかもしれませんけどね(笑)。でも、最終的に、みんなに迷惑掛けずに、すんなりと引退できたのではと思います」

甲本「いちファンから言わせてもらうと、結果的に、最後までカッコよかったです。今のそのお話を含めて、その選択は正解だったと思う」

安治川「『最後の相手は誰がいいかなぁ』なんて」

安治川「確かに『もう一度、踏ん張るか』とも思ったんですけど、日が経つに連れて気持ちが引退寄りになって行くんです。

 2日目に対戦して結果的に最後の相手となった新十両の竜虎。私が生まれた時に、親が考えたという名前がこの『竜虎』だったんです。同じ字なんですよ。『昔、そんな話を聞いたよな』と母に電話したら、『あら、覚えてたの? 結局、竜虎じゃなくて竜児(本名)にしたのよ』って」

甲本「うわぁ。そんな因縁は知らなかった」

安治川「そんな奇遇なこともあって、ずっと十両にいるような古株に負けて辞めるより、未来がある子に負けて辞めるほうがいいかなって(笑)。それまでも冗談で言ってたんですよね。『最後の相手は誰がいいかなぁ』なんてね」

――横綱・貴乃花引退の最後の対戦相手が安美錦だったと、今でも名前が出ますね。

安治川「それもあったので、最後の相手についてちょっと考えることはあったんですよ。もちろん、自分にとっては貴乃花さんは大き過ぎたんで、光栄ですけど」

甲本「現役生活を退いて『ひとつのことが終わってしまったな』というのはあると思うんだけれど、今度、『ここから何かが始まったな』という感覚はありますか?」

安治川「土俵の上で相撲を取ることが終わったというだけで、今は毎日、まわしを付けて、親方として土俵に下りています。自分の稽古をしていないだけで、1日のリズム的にも変わらないし、そんなに変わった実感は、まだないんですよね」

甲本「相撲に携わるスタンスがちょっと違うだけで、ずっと相撲をやっている感覚ですか?」

安治川「そうですね。毎日、稽古場に顔出して、『お前ら、ちゃんとやれよ!』とあくびしながら言ってますけどね(笑)」

安治川「いつも『ギリギリガガンガン』を聴いて」

甲本「そういえば、以前にお会いした時、伊勢ヶ浜部屋の方針として家族は本場所を見ないと聞いたんですが」

安治川「これは一門や部屋によっても違うんですが……『仕事場に家族は踏み入らない』とのことなんですね。『これが最後の一番だ』とわかっていれば、こっそりと2階席の後ろから見守るようなこともあるとは思いますけど、うちの家族は、国技館には来たことがないです。送り迎えで門の前までは来るんですけどね。そうそう、国技館に行く車の中では、いつも甲本さんの歌の『ギリギリガガンガン』を聴いてました」

甲本「え……。それは恐縮です」

安治川「うちの子どもたちも唄いますよ。『♪ギリギリ~♪』と唄っているから『どこで覚えたんだ?』と訊いたら、『パパの送り迎えの車の中でいつも聴いてたから』と。いつの間にか覚えてしまっていたようなんです」

甲本「……(感激の面持ち)」

甲本「数秒間が、ものすごくドラマチックだった」

――甲本さんは、安美錦関の相撲のどんなところがお好きだったのでしょう?

甲本「なにしろ、意外に思えるかもしれないんですけど、引退の最後の取組まで、立ち合いが力強かったんです。

 みなさん、安美錦関のことを語る時は、その多彩な技について言いますが、何よりも立ち合いに“パンチ”があるんですよ。それを見ると、『よし!』って思える。その日の勝った負けたじゃなくて、立ち合いで立った瞬間の安美錦関を見て、『よし!』って納得し、『うん、今日はいいもの見たな。うん、うん』とね」

安治川「うわ、ありがとうございます!」

甲本「最後までそうでしたよ。僕として面白く思ったのは、何回かケガをなさったのに、帰ってくるたびに立ち合いが強くなってる気がしたこと。きっとペース配分が上手な人なはずなのに、頭で全部行っちゃう感じ。それがすごいんです。勝手に見習ってますよ」

安治川「あはは。そうですね。『髪の毛が少なくなってきたんで、胸から当たろうか』なんて考えたこともあって、試してみたんですけどね。『やっぱり頭で行くしかないな』と途中で髪の毛は諦めました(笑)。引退する頃には、そっちの治療も発達してるだろうから、『ガンガン行こう!』と。髪はだいぶ薄くなってしまったけれど、頭からぶつかって行った証しだと思っています」

甲本「見てる人は喜んでました、励みになりました。取組ひとつ――そのほんの数秒間が、ものすごくドラマチックだった。力って、腕の力とか、どこの筋肉が発達してるからとか、いろんな力があると思うけれど、“魅力”という力もあると思います。“魅力”という力は、安美錦関がナンバーワンだと思いますよ」

安治川「ありがとうございます。そこまで言っていただけるなんて……」

 明日配信予定の第2回「『いいね!』は自分で自分に押せばいい」(有料会員記事)では、「安美錦ロスのあと、注目の力士は誰?」「音楽と相撲と――長く続ける情熱はなんだろう」と、縦横無尽にふたりが語り尽くし、対談はますます濃く、深みを増してゆきます。
<!--StartFragment -->

(「相撲春秋」佐藤祥子 = 文)