<欧州チャンピオンズリーグ:ザルツブルク6-2ゲンク>◇1次リーグE組◇17日◇ザルツブルク(オーストリア)

サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)が開幕し、日本代表MF南野拓実とMF奥川雅也が所属するザルツブルク(オーストリア)はホームで迎えた1次リーグE組初戦でFW伊東純也が所属するゲンク(ベルギー)に6-2で大勝した。南野は右サイドハーフでフル出場し、2アシストをマーク。奥川は後半17分から出場した。伊東は左FWで先発するも前半のみで交代となった。3人ともにCLの出場は初めて。

まずは前半2分、ホームのザルツブルクが幸先よく先制点を奪取する。ペナルティーエリア外でボールを持った南野がFWホランドへ絶妙なスルーパス。これをホランドが右足が決めてネットを揺らした。南野はこの試合のファーストタッチでCL初アシストを記録した。

その後も勢いに乗るザルツブルクは前半45分までに4点を追加。ゲンクも同40分に1点を返したものの、前半ロスタイムには南野が自陣ペナルティーエリア付近でボールを受けると、そのままドリブルを開始。敵陣深くまで持ち込むと、左足の正確なクロスで味方のゴールをアシスト。ザルツブルクが試合を決める5点目を奪った。

後半は両チームともに1点ずつを加え、ゲンクは2-6でCL1次リーグ初戦を落とした。南野の主な一問一答は以下の通り。

-試合を振り返って

南野 自分たちの狙い通りの試合運びができた。前半、僕たちのチャンスをほぼ仕留めることができたのが、この結果に繋がった1つの要因だと思います。

-自身のプレーについて

南野 チームの勝利に貢献できて良かったと思います。2つのアシストとも自分の長所をうまく出せた。

-CLの舞台に立った感想

スタジアムの雰囲気も最高でしたし、CLのアンセムを聞いた時はモチベーションが高まりました。

-伊東との日本人対決について

南野 それに関してはあまり何も特別な気持ちはありません。まだ試合は続くので次に向けてまたいい準備をしたいと思います。

 (中野吉之伴通信員)