<大相撲秋場所>◇8日目◇15日◇両国国技館

横綱鶴竜(34=井筒)が秋場所8日目の15日、休場した。鶴竜によると、左膝の状態が思わしくなく、治療に専念する。再出場はしない。8日目の相手、玉鷲は不戦勝になる。

鶴竜はこの日、両国国技館の相撲診療所で診察を受けた後、取材に応じた。以下、一問一答。

--状況は

「詳しい検査は休み明けになる。(連休中で)いつもの病院に行けなかったから」

--ケガの箇所は

「左膝ですね。場所前から気にはなっていた。足の動きが悪い。足が全然出ていない。力が入っていないのかなという感じを受けている」

--取組中に痛めたのか

「ずっと場所前から気になっていた。激しい痛みはなく、大丈夫かなと思っていた。自分でも、この3日間、(相撲を)取っていて何か不思議な感じだった。受け止めていないし、足も出ていない。影響が出てきたのかな。立っている時も突っ張っている感じがあった。ずっと突っ張りのようなものが場所前からあった」

--最初に痛めたのはいつか。巡業中か

「ずっと(痛みは)あった。何だろうなと思って。詳しくはMRIをとってみて」

--再出場はあるか

「厳しいと思います」

--師匠と話したか

「一応、はい」

--横綱として無念だと思うが

「ああいう相撲を取り続けるのはよくないということ。ただ出ればいいというものではないですからね。昨日もはたかれて落ちるようなはたきではない。足が動いていないと感じた。初日から小手先のような勝負で、しっくりくる相撲ではなかった」

--先場所優勝して迎えた秋場所だが

「1つ自信をもっていっていたところ。何でだろうという感じ、不思議」

--秋巡業は

「詳しく検査してみてです」