<明治安田生命J1:鹿島2-0東京>◇第26節◇14日◇カシマ

優勝の行方を占う1位FC東京と2位鹿島アントラーズの直接対決は、鹿島が持ち前の勝負強さを遺憾なく発揮しホームで2-0で快勝し、4あった勝ち点差を1まで詰めた。

鹿島MF三竿とMF白崎が負傷交代した。試合後、チーム関係者は「シラ(白崎)と健斗(三竿)の負傷は痛い」と話した。18日には広州恒大とACL準々決勝第2戦(ホーム)を戦う。主力2人の長期離脱は避けたいが…。