<フィギュアスケート:オータムクラシック>◇最終日◇14日(日本時間15日)◇カナダ・オークビル◇男子フリー

男子ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(24=ANA)が、フリーで180・67点を記録し、合計279・05点で優勝した。最初の4回転ループ、そして4回転サルコーを何とか着氷し、その後も2度の4回転、3回転半ジャンプで着氷。演技を終えると、大歓声の中、何度もうなずきながら充実した表情を浮かべた。しかし「調子がよかっただけに残念。いいジャンプ跳べてなんぼ」と悔しがった。

演技終了後には右足首付近を数回、優しくたたいた。「(4回転)ループとサルコーは本当にやっと立った。ありがとうという感じ。痛いとかではないです」と振り返った。

この日午前の公式練習では、4回転ループは1度も成功させていなかった。しかし、フリー直前の6分間練習では4回転ループを完璧に着氷。フリー本番では着氷でやや乱れたが「直前の6分間練習と朝の公式練習で、よくループをかためられた」と話した。