フィギュアスケートのオータム・クラシック最終日は14日(日本時間15日)、男子フリーなどがあり、ショートプログラム(SP)1位の羽生結弦(ANA)がフリー180・67点で合計279・05点で、今季初戦を優勝で飾った。

 羽生は冒頭の4回転ループ、4回転サルコーは着氷が乱れたが、その後は目立ったミスなく滑りきった。

 羽生の次戦は、10月25日開幕のグランプリ(GP)シリーズ第2戦スケートカナダになる。