浦和レッズが、自転車レースイベント「ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム」(10月27日、さいたま新都心)の大会アンバサダーになり、チームを代表してDF荻原拓也(19)とDF橋岡大樹(20)が14日、埼玉・大原サッカー場で会見に出席した。

「クリテリウム」とは市街地で行われる周回レースを意味し、今年で7回目。世界最高峰の自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」で活躍するトップ級の選手が来日して、2年ぶりにリニューアルされた1周3・5キロの新都心駅周辺特設コースを走る。浦和のホーム埼玉スタジアムの収容6万人超に対し、主催者発表で毎年10万人が来場するイベント。橋岡は「高校(浦和ユース)時代、自転車で通っていた練習の帰りに見た記憶がある。迫力、観客の盛り上がりがすごかった。埼スタの6万人より多いのか…。さらに身震いしそう」と驚きながらPRした。

埼玉・川越市生まれの荻原は「自転車好きの僕としてはうれしい。趣味の1つとして乗っているので、ぜひ一緒に地元を盛り上げていければ」と笑顔。プライベートでは40万円相当のロードバイクを実家に所有しており、帰省時のほか、最近は長野・軽井沢旅行の時に乗ったという。

さらに、実家に室内トレーニング用のローラー台があることを明かし「結構、本格的に乗っていた」。昨年のクリテリウムも、社会人でロードレース経験がある5歳上の兄と生観戦したといい「感動した」とまで言った。練習やコンディションとの兼ね合いになるが「もし(PRのために)レース前のコースを走れるなら、めっちゃ走りたい」と目を輝かせた。

荻原は現在、左ウイングバックとして公式戦3試合連続で途中出場中。8日のYBCルヴァン杯準々決勝第2戦の鹿島アントラーズ戦ではMF関根の一時勝ち越しヘッドをアシストし、前日13日に行われた明治安田生命J1リーグのセレッソ大阪戦ではFW興梠の一時同点弾につながる右ポスト直撃シュートを放った。

ピッチでは左サイドを爆走する元気印が、私生活でも本格派の走り屋だったことを知り、同期の橋岡も「そうだったんだ。知らなかった」と笑うしかない。荻原の熱意は止まらず「自転車の選手はスタイリッシュで、余計な筋肉や脂肪をそぎ落としているイメージ」と紹介し、アンバサダーとして「できることは何でもやりたい」と意欲を見せていた。