21日に開幕する第72回秋季県高校野球大会(県高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が13日、千葉市であり、地区予選、敗者復活戦を勝ち上がった64チームの対戦相手が決まった。決勝戦は10月6日にゼットエーボールパーク(市原市)で開かれる。優勝、準優勝の2チームは、10月19日から群馬県で開かれる秋季関東大会に出場する。

 今年春夏連続で甲子園に出場し、主力が多く残る習志野は芝浦工大柏と21日に対戦。好投手・篠木健太郎君(2年)を擁する木更津総合は同日、袖ケ浦と対戦する。

 県大会の先にある秋季関東大会の成績は、来春の選抜甲子園大会の出場校を決める重要な資料となる。東京を除く関東地区からは最少4校、最大で5校が春の甲子園に出場する見通しで、関東大会ではベスト4の準決勝に進出することが大きな目標となる。