<巨人5-1広島>◇13日◇東京ドーム

広島は首位巨人に投打に力負け。2位浮上を逃し上位争いから後退した。

先発九里亜蓮投手が4四死球を与えるなど4回3失点降板の大誤算。攻撃陣は先発山口ら巨人投手陣の前に1得点に終わった。首位巨人との最後の2連戦初戦を落とし、ゲーム差は6に広がった。

緒方監督は「いいゲームができなかった。1戦1戦、また明日。そういう気持ちで戦っていく」と厳しい表情を見せた。

▽広島九里(4回8安打4四死球3失点に)「見ての通りです。試合をつくることができなかった。申し訳なく、悔しい気持ちです」

▽広島佐々岡投手コーチ(先発九里に)「もう少し大胆にいってほしかった。打線、球場を考えると慎重になる気持ちも分かるが、大胆にいけないと走者をためてしまう」

▽広島迎打撃コーチ(巨人山口に4安打1得点10三振)「相手の出来が良かった。カウント球から仕掛けていかないといけなかった」