9月13日、メットライフドームにて行われた埼玉西武対千葉ロッテの第21回戦は、6対1で埼玉西武が勝利。先発・松本航投手が7回無失点の快投を見せると、打線も11安打6得点と応え、首位・福岡ソフトバンクとのゲーム差を0とした。

 初回から埼玉西武がチャンスを作る。1回裏、先頭の秋山翔吾選手が出塁し1死1,3塁とすると、4番・中村剛也選手がレフトの頭上を越る適時二塁打を放ち先制。得意としている千葉ロッテの先発・ボルシンガー投手からまずは1点を奪った。

 さらに3回裏、ここも先頭の秋山選手が二塁打で出塁。犠打で1死3塁とすると、3番・森友哉選手のライト前タイムリーで1点を追加する。なおも2死1,2塁の場面で6番・外崎修汰選手にもタイムリーが生まれ、埼玉西武はこの回3点を加える。

 追い打ちをかけたい埼玉西武は6回裏、2番手・酒居知史投手に2死とされるも、9番・金子侑司選手が出塁。すかさず盗塁を決め2死2塁としたところで、秋山選手が内角の球を完璧に捉え、自身3年連続となる20号2ラン。これで埼玉西武は5人目の20本塁打以上の選手が誕生、2008年以来の出来事となった。

 序盤から大量の援護をもらった埼玉西武の先発・松本航投手は毎回三振を奪うなど、7回を2安打無失点の快投。8回からは継投策に入り、2番手・國場翼投手が中村奨吾選手に16号ソロを許したものの、後続を切り、試合は9回の千葉ロッテの攻撃を残すのみとなった。

 負けられない千葉ロッテも9回に登板した小川龍也投手から満塁のチャンスを作る。ここで埼玉西武は守護神・増田達至投手を投入、このピンチを切り抜け試合終了。埼玉西武対千葉ロッテの4連戦の初戦は6対1で埼玉西武が勝利した。

 勝利した埼玉西武は、先発・松本航投手が自己最長の7回を投げ、2安打無失点の快投。打線も初回からチャンスを作り、得点を重ねた。敗れた千葉ロッテは、先発したボルシンガー投手が5回4失点と苦しい内容。打線も松本投手の前に毎回三振と、主導権を奪われたまま敗戦となった。